岐阜県郡上市白鳥町 拝殿踊り

記録的な豪雨で始まった今年の夏。
記録的な暑さを更新し、なんだかんだと言いつつ、残暑を残しながら2018年の8月も終わろうとしています。

昨晩は満月でしたね。
私は、岐阜県郡上郡白鳥町にある、白山長滝神社に行ってました。
地元の方々が大切にしている、夏の風物詩拝殿踊りに参加するために。

山村で暮らす昔の人々は、昼間の農作業の疲れを、夜の月の光の下で唄い踊り、唄自慢、踊り自慢を披露しつつ、人との交流を通して癒したのでしょうね。盆踊りのルーツはそんな所に有るのでしょうか

そこでは、若い男女の出会いもきっとあった事でしょう。
薄暗がりの月明かりの下で聴く唄は、歌い手を凛々しく見せた事でしょう。
月に映る踊り手のしなやかな動きは、艶っぽく見えた事でしょう。

昔の人の男女の出会いは、なかなかロマンチックだったんだろうな…なんて、満月の光の元で聞こえてくる川の流れや虫の音を聴きながら、そんな風に昔の人々の暮らしに思いを馳せました。

秋は婚礼シーズン。
結婚式も入って来ています。
ブライダルフェアも有りますよ。

結婚への第1歩、出会いを大切に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です